カテゴリー
未分類

キャッシングの限度額を増額するには

新しくキャッシングの申し込みをすると、審査の内容をうけて限度額を定めます。審査は顧客の年収、勤務先、勤続年数、過去のキャッシング利用歴などに基づいて行われ、それから限度額を決めます。キャッシング初心者の場合、返済実績がありませんので、限度額は50万円がスタンダードな数字になります。審査によって決定された限度額内であれば、何回でもキャッシングすることができます。予め設定されているキャッシングの限度額を増額して欲しいと思う人はいるでしょう。何をすれば、キャッシング限度額を引き上げることができるのでしょうか。限度額を大きくしたいと思ったら、いくつかの手続きをとる必要があります。キャッシング会社からの信用が高くなれば、キャッシング限度額はアップしてもらえます。積極的に融資を受けて、借りたお金には利息をちゃんと上乗せして返済する客が、キャッシング会社にとっての上客であり、信用を得るコツです。信頼を得て、融資額を増やしても必ず返済してもらえると思われれば、限度額を増額してもらうことができます。取引の実績を積んでいけば、キャッシング会社の方から、増資しませんかという誘いかけが入るようにもなります。総量規制の縛りがあるので、キャッシング会社の限度額は各社合計で年収の3分の1までになりますが、銀行や信用金庫なら総量規制の制約なしに融資が受けられます。

カテゴリー
未分類

キャッシングで融資を受けたい時には

金融会社のキャッシングサービスを利用する場合は、消費者金融系と銀行系のどちらにするかを判断する必要があります。今すぐにお金を用意しなければならないということになった場合、どこかからお金を借りるという選択肢があります。キャッシング会社の融資は、申込みから貸し付けまでの早さがとりえです。金融会社からの融資を希望した場合、銀行系は審査の結果が出るまで数日待たなければならないと思われがちです。キャッシング枠のついたクレジットカードや、消費者金融会社の融資なら、申込みから数時間でお金が借りられます。もちろん事前に審査はありますが、審査にかかる時間が最短で30分程度のところもあり、急ぎで現金が必要な人にとってはありがたいです。毎月の収入が安定していれば、キャッシングの返済能力があると見なされて、審査でOKがもらいやすくなるといいます。専業主婦のように、自分自身の収入がないという人は、返済を行う能力が不足していると判断されて審査NGになる場合もあります。消費者金融会社では審査で断られてしまったとしても、銀行系の融資窓口なら貸し付けができることがあります。もしも借り行れ希望先が銀行系なら、一緒に暮らしている家族や、配偶者の収入も審査の対象になります。本人の返済能力は高くなくても、同居の家族の返済能力が高ければ、キャッシング会社は審査でOKを出してくることがあります。銀行系のキャッシングだと即日融資にはならないので、お金が必要なときは消費者金融で融資を受ける方が良いでしょう。